【感動】品切れポップコーン。キャストが泣いたワケ

広告



5年間キャストをしていました。
色々感動したことはあったんですが、これはその中でも特に素敵な話です。

私はシーでポップコーンのワゴン担当でした。

閉園時間が近づき時間になったのでワゴンを畳んでいると、小さな子供の泣く声が聞こえてきたんです。

「後で買ってくれるって言ったじゃないかぁ!!」

どうもポップコーンを後で買うという約束をお父さんがしていたらしく、私がワゴンを畳んでいる姿をみて泣き出してしまったようです。

「まだポップコーンを売っているところはありませんか?」

お父さんも困って私に聞いてこられました。

しかし残念ながら私のワゴンはシーでも最後までやっているワゴンの1つでした。

「すいません、もうポップコーンを売っているところはありません。」

その返答を聞いた子供はさらに大きな声で泣き出しました。

なんとかしてあげたい、でももうポップコーンはありません。

その時でした。少し前にポップコーンを買った男性が私に声をかけてきたんです。

「ポップコーンの入れ物だけでも出せませんか?私のを少し分けてあげたい。」



嬉しかったです。

私はすぐにしまってあったレギュラーボックス取り出して差し出しました。

「これを使って下さい!」

男性が自分のポップコーンを空のレギュラーボックスに分けていると、

「僕のも」「私のも」と、

ポップコーンを買ってまだ近くにいた人たちが男性のもとに集まってきて、レギュラーボックスに少しずつポップコーンを入れていくんです。

レギュラーボックスはすぐに一杯になりました。

男性は溢れだしたポップコーンをこぼさないように子供に差し出して言いました。

「最後まで楽しい思い出を作ってね」

子供はそれを受け取ると本当に嬉しそうにお礼を言っていました。

私の売ったポップコーンがただのポップコーンから「人の優しさ」に変わったこと。

そしてその優しさが集まってレギュラーボックスを一杯にしてしまったこと。

そんな光景をみて、私はうっかり泣いてしまっていました。