【感動】「血が足りない!」命の待ち時間180分の奇跡

広告



ディズニーランドに男友達4人で行ったときの話です。

みんなショーとかパレードよりアトラクション派だったんで、ファストパス集めながらアトラクション乗りに駆けまわってました。

そんな時、突然スピーカーから聞き慣れないアナウンスが流れてきました。

「O型の方はスペースマウンテン横での献血にご協力お願いいたします。」

どうも近くの病院で緊急手術が行われるのに必要な血液が足りていないらしく、一気に人を集められるディズニーに助けを求める連絡があったそうです。

僕ら4人のうち、僕含めて2人がO型だったのですぐにどうしようかって話になりました。

ファストパスの時間もあるし、正直せっかくディズニーランドに来てるのに献血で時間つかうのはどうなのかって話もでました。

でも、それを言い出したらきっとみんなもそんな感じなんだろうなと思って、僕らはこれからいつでも来れるんだし協力しないかって話でまとまりました。

それで命が助かるんなら、って気持ちで小走りで献血会場に向かいました。

ところが会場について唖然としました。

今までのどのアトラクションよりも多い人数が行列を作っていたんです。

最後尾にはスタッフがいて「ここから180分待ちです!本当にありがとうございます!」って大きな声でお礼を言ってるんです。

今日はスペースマウンテンもスプラッシュマウンテンもビックサンダーマウンテンも最大で120分待ちでした。

すぐ横のスペースマウンテンを見ると献血に列をとられたのか既に40分待ちまで減ってるような状態です。

それなのに、それでも180分献血に並んでるわけです。
みんなディズニーを楽しみに来てるんだろうに・・・。

なんか目頭が熱くなるのを感じました。

僕らも今更アトラクションに〜なんて気持ちになれず、結局みんなで献血して帰りましたよ。

献血のときに看護師さんが言ってたことがすごく印象に残りました。

「こんなに多くの人が献血に集まっているのは初めて見た。
みんなが優しい気持ちになれるのがディズニーなんですね。」

もう3年前の話ですが、今でも飲みに行くとその時の話になります。